危険!?子どもの足の裏のほくろで皮膚科を受診した結果

育児

お元気さまです!こゆび(@koyubi5cmblog)です。

子育て中のパパママさんの中には、お子さんのほくろが気になる人もいるんじゃないでしょうか?

私には2019年生まれの娘がいて、生後4ヶ月頃から右足の裏にほくろがあります。

最初に確認した頃は薄茶色の丸い点でした。

それが2歳9ヶ月になって改めて確認すると、

色が黒っぽく縦長に伸びていました…。

この記事の内容
  • 子どものほくろの何が心配なのか
  • 皮膚科を受診した結果

同じようにお子さんのほくろが気になっている方、

皮膚科を受診しようか悩むパパママさんの参考になれば嬉しいです。

ぜひ最後まで読んでいってください。

こゆび
こゆび

この記事を書いてる人

  • 本業:ジムインストラクター
  • 日々お客さんの健康を目指すお手伝いをしています
  • 自分自身、以前は155cm60kg時代やうつ経験有
  • 2021年4月から経験を元に、健康×お金×子育て情報発信中
  • 夫を笑わせることと娘を愛でることが好き
  • Twitterフォロワー数7000越え
スポンサーリンク

子どものほくろの何が心配なのか

なぜ、子どものほくろを心配しているのか説明します。

ネットでほくろについて検索すると

「足の裏のほくろは危険」

「メラノーマ(黒色腫)の可能性」

「手術で切除」

など、不安になる情報を目にします。

メラノーマ(黒色腫)とは色素細胞がガン化したものです。

・左右非対称の形をしている

・アザと普通の皮膚の境界がギザギザしていたり不鮮明な部分があったりする

・黒・青・赤・白など色が不均一でムラがある

・6mm以上に大きくなっている

以上の4つの内いずれか1つ当てはまったら皮膚科を受診した方が良いとのこと。

もしメラノーマだった場合、麻酔&手術して切除します。

切除した箇所は縫われて1ヶ月くらいで抜糸するようです。

こゆび
こゆび

メラノーマは皮膚ガンの一種。

自分ならまだしも、まだ小さい娘にもしものことがあったらと思うと心配です…。

ただ、心配無いただのほくろの場合が多いようです。

娘の場合、最初より大きくなっていて測ったらちょうど6mmになっていることと

色が黒っぽくなってきたことが気がかりで、この度皮膚科へ受診しました。

スポンサーリンク

皮膚科を受診

ほくろがメラノーマかどうかを確認する方法の1つに、ダーモスコープと呼ばれる拡大鏡を使います。

肉眼で見るには限界があるので専用の道具があるんですね。

かかりつけの小児科ではダーモスコープが無い場合もあるので受診するなら皮膚科が確実です。

今回受診した皮膚科ではカメラ型のダーモスコープをほくろに当てて撮影した画像をパソコン画面で見せてもらいました。

その結果…

「これはほくろですね」

こゆび
こゆび

良かった〜!!

娘の足の裏のほくろは、ただのほくろでした。

いや〜ひと安心です!

先生曰く

「僕が若い頃は”足の裏のほくろは歩いたり走ったりする刺激でメラノーマに変わる”という説もあったけど、今はほくろはずっとほくろ。メラノーマは最初からメラノーマ。途中で変わることはない。余程怪しくない限り、切除せず経過観察で良いですよ」

とのことです。

子どもの場合、成長と共にほくろも伸びることはよくあるそう。

なのでうちの娘のほくろも成長につれて縦長になったようです。

今後も足のサイズは大きくなるので、ほくろも縦長になる可能性が高いと言われました。

スポンサーリンク

まとめ

この記事の内容
  • 子どものほくろの何が心配なのか
  • 皮膚科を受診した結果

娘のはただのほくろで安心しました。

とはいえ、素人にはほくろとメラノーマの見分けがつきません。

ほくろが心配なパパママさんは皮膚科で診てもらうのをオススメします。

専門家に判断してもらいましょう。

その方が余計な心配とストレスを感じず日常を過ごせますよ。

この記事がお役に立てると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました