【やってみた】感謝砲のやり方を解説【Twitter企画】

Twitter企画

お元気さまです!こゆび(@koyubi5cmblog)です。

先日、Twitterのフォロワーさんが2500人突破しました!

1000人の時の感謝企画から早1ヶ月。

こゆび
こゆび

多くの方との繋がりが出来て嬉しいです♪

何か恩返しがしたいと思い、再び感謝企画をする事にしました。

その内容が” 感謝砲 ”です!

企画の告知ツイートがコチラ↓

なんと、100名以上の方にご参加いただけました~!!

という事で今回は感謝砲の企画についてまとめました。

  • Twitter企画をやってみたい!
  • 感謝砲ってどういうこと?

こう思っている方々の参考になれば嬉しいです♪

スポンサーリンク

Twitter企画をやってみたい!

企画の種類

Twitter企画の種類はたくさんありますよね。

  • 感謝砲
  • 固定ツイートをRT
  • いいね
  • 紹介
  • プレゼント

前回は被リンクプレゼント企画を開催したので、別の企画にしようと考えました。

(被リンクプレゼント企画についての過去記事はコチラ↓)

こゆび
こゆび

「賑やかで楽しそうなのが良い!」と思って決めたのが感謝砲です。

他のフォロワーさんの感謝砲に参加した事もありました。

感謝砲って何?

感謝砲とは、一言で言うと「一斉紹介」

フォロワーさんへ感謝の気持ちを込めて参加者の皆さんを一斉に紹介します。

主催者も参加者も通知がかなり増えたりリプでフォロワーさん同士が交流できるので、お祭りのように盛り上がります!

実際に感謝砲をした時の様子がコチラ↓

ざっくりした流れは、

  1. 企画内容の告知&募集
  2. 参加希望の方は指定された参加条件を満たす
  3. 主催者は参加者の確認
  4. 感謝砲を発射!
  5. みんなで交流し合う

こういった流れです。

ちなみに、参加条件の決め方は人それぞれです。

私は今回で言うと「私のアカウントをフォロー」「企画ツイートにリプ(何でもOK)」の2つが参加条件でした。

これ以外にも「RT(リツイート)」や「いいね」を参加条件にする事もよく見かけます。

メリットとデメリット

感謝砲企画のメリットとデメリットを私なりに考えてみました。

まずは主催者側から。

メリット(主催者)

①新たな繋がりが出来た!

企画の参加条件に”私のアカウントをフォローして頂く”という項目がありました。

前回もそうでしたが、企画をきっかけにフォローしてくださる方が多いんですよね。

そこから仲良くしてくださっている方々もいます。

感謝砲企画でも嬉しい事に新規フォロワーさんのご参加が多かったです!

②おなじみの企画なので気軽に開催&参加!

Twitterされている方なら週末になると企画告知を見かける事も多いのではないでしょうか?

その中でも感謝砲ってよく見かけますよね。

企画の認知度も高くて割と気軽に参加できますし、盛り上がるのが参加側からも分かります。

主催側からも色んな人がやっているのを見るので開催するイメージを持ちやすいんですよね。

こゆび
こゆび

初企画に感謝砲、オススメします♪

③Twitterがもっと楽しくなった!

企画を通じて新たなつながりが増えて、Twitterのモチベーションが更に上がりました。

フォロワーさんのツイートを見てインプットも出来ます。

仲間が増えれば、みんな頑張ってる!私もやるぞ~!と刺激を受けます。

優しい皆さんのおかげで、Twitterがもっと楽しくなりました。

④感謝される!

フォロワーさんから

「感謝砲ありがとう!」「嬉しいです!」

といった感謝のお言葉をたくさん頂きました。

私がフォローしてくださってる皆さんへ感謝の気持ちを込めた企画なのに、私に対して感謝してくださるフォロワーさん達が優しすぎる!

とても嬉しかったです♪

デメリット(主催者)

①参加条件達成の確認作業が大変

感謝砲とはいえ参加条件を設けているので、参加希望の方がちゃんと条件を満たせているか確認する必要があります。

不備があるのに感謝砲に載せてしまったら条件を満たしている方と不平等になってしまいますからね。

こゆび
こゆび

100人以上ご参加いただいたので、確認作業も大変でした。

中には締切までに条件未達成でご参加できなかった方もいらっしゃいました。

締切までに条件が未達成の方には個別でリプを送りました。

フォローとリプだけでも確認が大変だったので、条件を増やしたり複雑な条件にすると確認作業にさらに時間がかかりそうですね。

②感謝砲のツイートの仕方を勉強しておけば良かった

やっちまいました。

時間になっていざ感謝砲をツイートしたと思ったら、スレッドではなく単独ツイート状態で発射してしまいました。

慌てふためくこゆびをご覧ください↓

こゆび
こゆび

ドリフのコント終了の時のあの曲

「盆周り」って曲名なんですって

ご迷惑をお掛けしたにも関わらず、皆さん優しくしていただいて本当に感謝しかないです!

メリット(参加者)

次に、参加者目線でのメリットとデメリットを私なりに考えてみました。

①新たな繋がりができる

これは主催者と同様、参加者同士で新たな繋がりを増やす事ができます。

実際にご参加頂いた方から「12人と繋がれました」といったリプを頂きました!

②自己アピールができる

リプ欄では自己紹介やブログの宣伝など、自己アピールを自由にしていただきます。

企画の時のリプ欄は注目を集めやすいので遠慮せずに自己紹介や宣伝をしていきましょう!

③賑やかで楽しい

これは企画告知の段階で何人かの方から「楽しそう!」と言って頂けました。

特に感謝砲に初参加の方は実際の様子に「すごい!」「楽しい!」と喜んで頂けました!

デメリット(参加者)

①通知の多さ

感謝砲に慣れていない方は通知の多さに鬱陶しく思われるかもしれません。

いいね通知だけでもすごいですもんね。

②巻き込みリプ

個別でやり取りされてる内容なのに、返信先に自分も入ってしまっている「巻き込みリプ」

無駄に通知が増える上に自分は関係ないので余計に鬱陶しくなるかもしれません。

感謝砲のやり方(締め切り後~)

それでは受付終了後から感謝砲ツイートを送信するまでのやり方を私なりにご説明します。

①参加者の確認

参加条件を満たしている参加者の確認をします。

私の場合は「フォロー」「リプ」の両方でOKとし、フォローの確認が取れなかった方は除外しました。

また、ご厚意でRTしてくださった方で参加条件を満たしている方の確認もしました。

②下書きの作成

スムーズな感謝砲発射のために下書きを作成します。

スレッド投稿の下書き保存はスマホのアプリ版なら可能です。

パソコンの場合

パソコンの方はTwitterにスレッドとして下書き保存できないみたいなので、Wordなどメモできる所へツイート毎に下書きしておくと良いでしょう。

スマホの場合

スマホでTwitterされている方は「ツイートする」アイコンをタップします。

そこに感謝砲ツイートを打ち込みましょう。

打ち込んだら、右下の+マークをタップします。

すると、「ツイートを追加」という欄ができ、スレッドになります。

またツイートを打ち込んでいきます。

参加者全員を打ち込めるまでツイートを増やしていきます。

保存の仕方は、左上の×ボタンをタップ。

「保存」をタップすると、下書き保存ができます。

下書き保存したツイートを編集する場合は「ツイートする」アイコンをタップ。

すると右上の「ツイートする」の横に「下書き」が増えてるので、そこをタップ。

すると下書きしたツイートが表示されます。

タップしたら編集可能になります。

③感謝砲発射!

決めた時間になったらいよいよ感謝砲の発射です!

スマホで下書き保存した場合は「すべてツイート」だけでOK!

パソコンからは下書きしたメモをコピペしてツイート、先に送信したツイートのリプ欄から「別のツイートを追加する」というのが出来るので、続きの下書きをコピペしてまたツイートの繰り返しです。

④いいね&リプ周り

感謝砲を送信した後は参加者さんとの交流を楽しみます。

通知が何十件も来るので慣れてない方は最初ビックリするでしょう。

私は落ち着いた頃にリプ周りをしました。

終わりに

以上がTwitterのフォロワーさん2500人感謝企画の感謝砲についてでした。

感想としては、

こゆび
こゆび

とっても楽しかったです♪

企画自体にかかる期間も、前回の被リンク企画が1ヶ月弱かかったのと比べて今回は1週間弱で済みました。

主催者の負担も少なめで、かつみんなで盛り上がる、コスパの良い企画だと感じました!

なにより…この企画に参加して下さったフォロワーの皆さま、

リツイートで応援して下さった皆さま、

いいねを押して下さった皆さま、

本当にありがとうございました!!!

こゆび
こゆび

これからもどうぞよろしくお願いします♪

最後まで読んでいただきありがとうございました。

追記:また感謝砲しました!↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました