子どもが薬を飲まない!色々な方法で試してみた

健康情報

お元気さまです!

こゆびです。

保育園や幼稚園にお子さんを預けていると、風邪を引いてしまう事ってよくありますよね。

こゆび
こゆび

1歳9か月の娘もつい先日風邪をひいて、鼻が垂れて発熱。

「こんな時期なので念の為、受診してください」

そして始まるお薬生活…

すんなり薬を飲んでくれるお子さんなら何も困る事無いですが、苦戦されるママパパさんは多いのではないでしょうか?

この記事は2月以降毎月風邪を引いてる娘のお薬経験談です。

  • 薬ってどうやって飲ませるの?
  • うちの子、薬飲まないんですけど…
  • 他の家庭ではどうやって飲ませてるの?

こういった方々の参考になれば嬉しいです!

ぜひ最後まで読んでいってください♪

スポンサーリンク

一般的な薬の飲ませ方

まずは、一般的な薬の飲ませ方について調べました。

粉薬の場合は、少量の水を加え団子状にして上あごへ、少量の水で溶いてスプーンやスポイトで流し込む、好きな飲み物や食べ物(アイスなど)に混ぜて飲ませる、服薬補助ゼリーを使用するなど、お子さんの好みや性格に合った方法で工夫するのも良いと思います。 ただし、酸性のジュース、スポーツドリンクなどはお薬のコーティング剤が溶けて苦みが出ることもあります。その他、お薬の効果に影響が出るものや味が変化してしまうものもありますので、必ず薬剤師に相談してください。

引用:日本調剤 小さい子どもにお薬を上手に飲ませるコツ

大人の場合は水で飲む方法が一般的ですが、子どもの場合はそうはいきませんよね。

こゆび
こゆび

素直に飲まないし、べぇーっと出すし、時には全力で拒否して逃げる…

何回お薬をダメにしてしまった事か…

風邪の場合だと、うちのかかりつけ医では粉薬を処方されます。

毎月風邪ひいて、毎回お薬をもらうようになるので「また会ったな…」感がすごいです。

色々な方法で飲ませてみた

今でこそ定番の飲ませ方を確立できましたが、そこに至るまで色々な方法を試してきました。

実際にやってみた飲ませ方をご紹介します。

①水

最初は水です。

小皿に粉薬を入れて、1さじ~2さじくらいの水を入れて混ぜ、それを飲ませました。

当時もらっていた粉薬が「甘めになってます」と薬剤師さんから聞いていたのでお薬初心者の私は期待。

1日目上手に飲みました!

こゆび
こゆび

飲んだ!娘ちゃんお薬上手やんけ!やったー!

そう喜んでいたのも懐かしい…(遠い目)

そうです…2日目以降、全然飲んでくれなくなりました…。

②みかん果汁

次に試したのはみかん果汁です。

ちょうどもらい物のみかんがたくさんあって、みかん自体は娘も好きで食べていました。

こゆび
こゆび

みかんが好きなら飲んでくれるのでは!?

そう考えた私はみかんを横半分に切って、手絞りでみかん果汁を用意。

そこに粉薬を混ぜて娘に「あ~ん♪」

1口味わって、眉間にシワを寄せる娘の硬い表情。

2口目は絶対に口を開けませんでした…。

③服薬ゼリー

今度は服薬ゼリーです。

試供品でもらっていた1回分の服薬ゼリー(ぶどう味)がありました。

粉薬をゼリーで包んで食べさせるも…失敗!

ゼリーのみの部分だけ食べました。

④アイス

お薬はもらうのに飲んでくれない…。

まともに1回量を与えられていない…。

困っていた私は「アイスに混ぜて食べさせると良い」という情報を見ました。

こゆび
こゆび

アイスか~…1歳半過ぎたし、日常的にあげる訳でもない。

1回やってみよう!

新たな薬を処方されたその足でアイスを買いに行きました。

買ったのはコスパ最強の明治エッセルスーパーカップバニラ味

ティースプーン多めの2さじ分を器に入れ、粉薬を混ぜ混ぜ。

「食べてくれよ~」という願い(という名の圧)を込めて。

いざ実食!

食べだすまでに時間がかかってだいぶ溶けてしまいましたが。

結果、勝利しました!

娘の場合のお薬の与え方の正解はアイス…!

感想:お薬を与えるのは大変

娘は1歳半になった2月から、毎月風邪を引いては病院と薬にお世話になっています。

お腹の中で母体からもらった免疫がなくなって、免疫力が低下するのがちょうど1歳半頃だそうです。

その時期が2月という寒い時期と重なったのもあると思います。

つい先日の風邪も、ゴールデンウィーク辺りの朝晩の冷え込みにやられました。

コロナ禍での風邪症状は保育園側も気にするので、病院に行く回数は大人より多いです。

こゆび
こゆび

普段私は1年間で歯科検診かインフルエンザの予防接種くらいしか病院に行かないです。

なので「子どもって本当にすぐ風邪ひくし病院のお世話になりまくりー!」と驚いています。

娘はアイスと混ぜてお薬を食べる方法で落ち着きましたが、それでも最初の1口に時間がかかったり、最近だと自分で食べたがる(こっちで与えようとすると泣く)ので時間もかかって余裕が無くなりがちです。

本当に、お薬を与えるのは大変ですよね。

このお薬問題は誰もが通る道かな?と思います。

イライラしやすい所ではありますが、子どもの快復のために一緒に頑張りましょう!

ちょっとでも参考になったら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました