【2021年】1年間で200万円貯金できた話【経験談】

お金

お元気さまです!こゆび(@koyubi5cmblog)です。

教育資金やマイホーム、老後など…将来のために節約・貯蓄をされている方も多いと思います。

今回は我が家の貯蓄のお話です。

こゆび
こゆび

モットーは”身の丈に合った暮らし”

こゆび家のお金事情
  • 管理はこゆび
  • 手取り月収は夫婦合わせて38万円/月平均
  • こゆびは倹約家
  • 夫は浪費家(あるだけ使い切る)
  • 2020年の年間貯金額は180万円

家計管理を気にされている方への参考になれば嬉しいです。

ぜひ最後まで読んでいって下さい!

スポンサーリンク

貯金法は主に残し貯め

過去に、2020年に180万円貯金した記事を投稿しました。

そちらでもご紹介しましたが、我が家の貯金スタイルは

残し貯め

です!

残し貯めとは

残し貯めとは

一定額を先に貯金に回す先取り貯蓄ではなく、

夫婦の収入ー生活費=残ったお金これが貯金額です。

先取り貯蓄は収入の変動やライフステージの変化等で時に見直しが必要になってきます。

こゆび家では産休〜育休復帰するまでの家計管理で先取り貯蓄の方法に行き詰まり

残し貯めの貯蓄法に切り替えました。

貯金初心者の方やあれば使ってしまうご家庭は残し貯めは不向きでしょう。

逆に、安定的に貯金グセが付いている家庭は残し貯めでも貯金していけるハズです。

スポンサーリンク

毎月の貯金額

次に毎月の貯金額ですが、

出費の多い月は赤字で貯金無しの時もありました。

収入に対する貯金額の割合を示す貯蓄率ですが

0%(赤字)〜54%(ボーナス月)で

金額にすると、貯金できた月で8万円〜32万円

平均貯蓄率は33%でした。

また、児童手当は全額貯金です。

児童手当の振込があった月は赤字であっても貯金に回しました。

児童手当18万+助成金10万円の合計28万円

さらに、生活防衛資金より上回ったある程度のお金を貯金に回しました。

その金額が38万円でした。

以上の毎月の残し貯めた金額と児童手当&助成金、余剰金の合計金額が

約200万円となりました。

こゆび
こゆび

年間貯金額の最高記録をまた更新しました!

スポンサーリンク

貯金だけでなく積立NISAも開始

2021年4月からは積立NISAも開始しました。

1年目はこゆび名義のNISA口座で約40万円を積み立て。

こちらは貯金とは別に毎月の生活費の一項目として計上していました。

2年目からは夫にもNISA口座を開設してもらって、運用を始めるつもりです。

毎月の運用報告をしているので良かったら見て下さい↓

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

まとめ
  • 貯金スタイルは残し貯め
  • 年間貯金額は約200万円
  • 積立NISAも開始

こうやって見るとケチな生活で楽しみが無いように感じられるかもしれませんが

こゆび家では美味しいモノを食べる事やちょっと足を伸ばせる所にプチ旅行するのが楽しみです。

私も夫も物欲は少なく、高級品にもあまり興味が無いのでこういったやり方で満足できています。

こゆび
こゆび

モットーは”身の丈に合った暮らし”(2回目)

また、2021年に私個人がお金を使って良かった事をまとめた記事もあるので

良ければご覧ください↓

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました