新生児の赤ちゃんの100人に1人!?いちご状血管腫とは 娘の治療記録

育児

お元気さまです!こゆびです。

突然ですが、「いちご状血管腫」って聞いた事ありますか?

パパママさんの中にはご存知の方もいらっしゃると思います。

実は、うちの娘は生後7日くらいから左手にいちご状血管腫が発生しました。

こゆび
こゆび

なんだこれ?

その後、治療のための通院が生後6か月まで続きました。

今回は

  • いちご状血管腫とは?
  • どんな治療をするの?
  • 経験した人の話が聞きたい!

こういった疑問や不安を持つパパママさんの参考になる内容となっています。

この記事執筆時点で1歳11ヶ月の娘の血管腫は、だいぶ目立たなくなりました!

いちご状血管腫を経験した事が、お役に立てると嬉しいです。

ぜひ最後まで読んでいってください!

スポンサーリンク

いちご状血管腫とは?

いちご状血管腫は元は乳児血管腫と言います。

いちご状血管腫とは

乳児血管腫(にゅうじけっかんしゅ)は、皮膚の表面や内部にできる「赤あざ」の一種で、未熟な毛細血管が増殖してあらわれる良性の腫瘍です。見た目が赤く、いちごのような外観から、「いちご状血管腫」とも呼ばれます。

maruho 乳児血管腫(いちご状血管腫)はどんな病気? より引用

写真は当時の娘の左手です。

生後3週間くらいの頃で治療開始前。

こゆび
こゆび

この時娘は入院していました。

入院の話はコチラ↓

始めは親指の又に出来たもっと小さい点だったのが、大きくなってきて数も増えました。

娘は手に発生しましたが、血管腫の発生場所は様々。

お腹や背中、頭や顔に出る子もいます。

いちご状血管腫の経過

当時、娘の入院していた市民病院で説明を受けた先生によると

放っておくと、生後6ヶ月くらいまでは大きくなり続けます。

その後小学校低学年くらいまでの数年かけて小さくしぼんでいきます。

しかし、大きくなりすぎると出血しやすかったり、跡形が残りやすいとのことです。

治療法

放っておいてもその内小さくなって目立たなくなります。

ですが、発生した場所によっては機能や発達に悪影響を及ぼす場合があります。

maruho 乳児血管腫(いちご状血管腫)とは 治療せずに放っておいても大丈夫なの?より引用

治療をする場合は薬による治療法と手術やレーザー照射による治療があります。

薬による治療

レーザー照射による治療

こゆび
こゆび

娘はレーザー照射による治療をしました

理由は、数年後に跡が残った時にネガティブ要素にならないか心配だったからです。

手元なので本人にも周りからも目に付きやすい場所。

女の子なので見た目を気にしたり、何か言われる事で嫌な気持ちになって欲しくないなぁ…と考えました。

また、早期治療をする事で跡が目立たなくなったり本人もレーザー治療をした記憶も無くなるだろうとも考えました。

ちなみに、いちご状血管腫の診療科は形成外科です。

赤ちゃんだと、血管腫の他には口唇口蓋裂の治療でもお世話になります。

大人では、シミ取りのレーザー治療や乳がんの乳房再建でかかります。

治療記録

レーザー1回目

1回目のレーザー照射をしたのは生後28日の時でした。

医師曰く「レーザーの痛みは輪ゴムでパチンッと弾かれた時の痛み」だそうです。

治療中は暴れにくいよう拘束具を装着。

レーザーはかなりまぶしいので全員サングラス着用。

看護師さん2人がかりで押さえられ、私は数歩下がって見守っていました。

レーザー照射1発目直後から娘はギャン泣き。

何発も照射され痛くて泣く娘の様子に私まで泣きそうになりました。

痛いものは痛いようです。

照射後の皮膚は1週間やけど状態らしいので、処方された軟膏を塗り、テープで覆うケアをしました。

沐浴後に毎回塗り貼りし直します。

生後1~2ヶ月の赤ちゃんは手をグーにしているので、親指の又から手のひら側の処置が大変でした。

分かりにくいですが、ガーゼで覆っています

レーザー照射をした1週間後に毎回診察があり、経過が良ければ次のレーザーの日程を予約します。

レーザー2回目

2回目は退院して2週間後。

1回目のレーザーからは3週間空きました。

この時もギャン泣きの娘。

退院後は手をなめたり噛んで出血しないようミトンを付けていました。

レーザー3回目

また3週間空けて3回目のレーザー照射。

この頃には痛くて泣きはするけど、終わった後に泣きやむのが早くなりました。

不機嫌を引きずる事も無く、母としてはありがたかったです。

レーザー4回目

4回目は1ヶ月経ってから。

お食い初めの前日でした。

娘を連れていると買い物などで声をかけられますが

「手袋してるのね〜」

と言われる事を初めは気にしていました。

次第に言われ慣れてきて「そうなんですよ〜」と受け流せるようになりました。

レーザー5回目

経過観察の診察は続きますが、レーザー照射はこれで最後でした。

この時で生後4ヶ月。

娘は本当によく頑張りました。

親側としては、ようやく軟膏塗りとテープのケアから解放される…という気持ち(笑)

診察

最後のレーザー照射から1ヶ月。

これで通院も終わりかと思いきや、

「また1ヶ月後に来てください」

こゆび
こゆび

まだ…

血管腫は治療を終えたと思っても、また大きくなったり増える場合もあります。

その為に、経過観察の通院がしばらく続くようです。

卒業

5回目のレーザーから2ヶ月。

娘は生後7ヶ月前。

1回目のレーザー照射から半年が経ちました。

大きくなりきる前に治療を始められたので、後は薄くなっていくとのこと。

通院卒業した日

娘も私もお疲れ様!という気持ちでいっぱいでした。

娘の血管腫の現在

この記事執筆時点で1歳11ヵ月の娘。

通院が終わってから1年5ヶ月。

現在の娘の血管腫はコチラ

パッと見では分からないくらいになりました!

親指の関節の所と、又のシワの所に赤みが残っているくらいです。

まとめ

いちご状血管腫にかかった娘。

まとめると

娘の場合

①生後7日頃に発生

②レーザー照射による治療を選択

③計5回レーザー照射

④通院期間は半年

⑤2歳前の現在、だいぶ薄くなってます!

ちなみに治療費にかかった金額は軟膏とテープ代の¥357のみです!

こゆび
こゆび

大人のシミ取りレーザーだと保険適応外で1発1,100円だそうですよ

やはり、女の子という事もあって早めに治療を開始して良かったと思います。

それもNICUに入院している間に見つかったからこそ。

もし入院していなかったら、こんなすぐに治療をしなかったかもしれません。

娘と私の経験がお役に立てると嬉しいです!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました