1kgの脂肪を落とすために必要なカロリーは?

健康情報

お元気さまです!

こゆびです。

新生活に慣れてゴールデンウィークも明け、体が重いと思ったら…体重が!お腹まで!?ヤバい!!

ちょっと焦りだしてダイエットに取り組んでいる方も多い時期です。

せっかくダイエットするのなら、当然痩せてスッキリしたいですよね!

こゆび
こゆび

今回は、ダイエットする上で気になる脂肪についてまとめました!

普段インストラクターとして健康指導する時に、よく説明しています!

この記事を読む事で健康知識が増えて、より理想の体に近づくでしょう!

ぜひ最後まで読んでいってください。

スポンサーリンク

そもそも何で太るの?

まずは基本的な所ですが、何で太ってしまうのでしょうか?

太ってしまう原因にはいくつかあります。

  • 食べ過ぎ
  • 運動不足
  • 食事バランスの乱れ
  • 遺伝

多くの場合は、食べてて動いていない摂取カロリー消費カロリーの状態である事です。

今でこそ人に運動指導している私ですが、以前は約150㎝で60㎏越えのぽっちゃりでした…。

太っていた頃は、しっかり食べて全然動かない生活でした。

こゆび
こゆび

なので、食べたい気持ちも動きたくない気持ちも分かります…

痩せるためには摂取カロリー消費カロリーにしたら良いんです!

痩せるために減らす体重の内訳は?

極端に言ってしまえば、水を飲まなかったり食事を取らなければ簡単に痩せるでしょう。

ですが、この方法は現実的ではありません

なぜなら、生きていけないからです。

一時的に実行して痩せたとしても、また水を飲んだり食事を取れば元に戻ります。

食事制限で痩せる方法で減った体重の内訳は、脂肪も減りますが水分や筋肉まで落ちてしまいます。

水分が減ってしまうと血液がドロドロになりやすかったり、便秘になりやすくかえってお腹ポッコリになりかねません。

また、筋肉が落ちてしまうと体力が落ちて日常生活を過ごすのに疲れやすくなったり皮膚がたるんで見た目も悪くなりやすいです。

こゆび
こゆび

みなさんはダイエットする時に

・ただ体重が減ればOKで体調不良になりやすい状態

・体重が減って引き締まった健康的な状態

どちらを目指したいですか?

みなさん後者ですよね?

健康的に痩せて引き締まった体を目指すには、筋肉を落とさず脂肪を落とす事が重要です!

筋肉と痩せやすさの関係は過去の記事に載せていますので読んでみてください(過去記事:筋肉は毎年○%ずつ衰える!?

1㎏の脂肪を減らすには?

では脂肪を減らすにはどうしたら良いでしょうか。

先ほど、摂取カロリー消費カロリーで痩せるとお伝えしました。

まず、1gの脂肪を燃やすには9kcal必要です。

1㎏の脂肪(1000g)を燃やすには9000kcal必要かと言うと実はちょっと計算が違ってきます。

と言うのも、私たちに蓄えられている人間の脂肪細胞は約80%が脂肪、残り約20%が水分など他の物で出来ています。

なので9000kcal×80%=7200kcal、こちらが1㎏の脂肪を減らすために必要なカロリーなんですね。

こゆび
こゆび

7200kcalなんて燃やせる気がしないよ…と思う方は多いのではないでしょうか?

では、次を見てみてください!↓↓

1㎏の脂肪を1ヶ月で消費したいと考えた時の1日あたりの消費カロリーの目安を計算すると…

7200kcal÷30日=240kcal、となります。

この240kcal分だけ、毎日食事を抑えたり運動することで達成できちゃいます!

食事で言うと、白米なら150g弱、ポテトチップスなら40g強で240kcalです(参考:カロリーSlism

運動で言うと、ウォーキング65分(時速4.8㎞、体重60㎏の場合)、自転車40分(時速15㎞、体重60㎏の場合)で240kcalとなります(参考:keisan 消費カロリー

食事か運動どちらかではなく、組み合わせる事で無理なく240kcal抑えられます!

毎日ちょっとずつ気を付けて健康的に痩せよう!

いかがでしたか?

ただ単に食事や水分を抑えて体重を落としてしまうと良い痩せ方はできません。

健康的に痩せて引き締まった体を目指すには

  • 摂取カロリー消費カロリー
  • 筋肉を落とさず脂肪を落とす
  • 1㎏の脂肪を落とすには7200kcal必要1日240kcal抑えるとOK
こゆび
こゆび

これはダイエットする上でとても大切な事なので覚えておいてください!

みなさんのダイエットや健康づくりにお役に立てたら嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました